震災後の子どもに対する心理支援 ―教師と支援者のための電子メール相談とキャンプを通して―

Psychological supports for children after the Great Eastern Japan Earthquake in 2011: Through consultations for teachers and school counselors by email and psychological aid camp for children

Description

地震、津波、2011年3月11日に福島原子力発電所の爆発の後、私は教師と子どもの心のケアのために働くことができるカウンセラーをサポートするために、2チームを組織した。 一方のチームが作成され、三重の災害の影響を受け、子供の世話をした教師やスクールカウンセラーのためのウェブサイトシステムを維持した。システムは、金属医療、福祉、子供のための弾力性と復元力を構築する方法についての理論、万を含む50のウェブサイトへのリンクの(3)コレクション約(2)記事、教師やカウンセラーのための(1)電子メールのコンサルティングで構成された理論とメンタルヘルスケアの方法のためのページ。 他のチームは、福島の影響を受けた子供のためのメンタルヘルスケアに焦点を当てた「ウェルビーイングのための緑のキャンプ」と呼ばれる子供のための心理的援助のキャンプを、調製することであった。このキャンプの目的は、心理的に影響を受けた子供たちに介入すると、この特定の悲惨な状況で、PTSDや学校不適応のためのいくつかの予防法を開発することでした。また、ボランティアが子どものメンタルヘルスケアに対処する方法を学ぶための良い機会となりました。 私たちは、夏に2キャンプを提供することができましたし、全部で1160子どもたちと100以上のボランティアが2011年にキャンプに参加した。月、2012年40子供のための収集、追跡データによると、問題が眠っていた10人の子供のうち6災​​害後にこれらの収容所の結果として、そこから回復した。当社は、2012年に合計で5心理的援助のキャンプを実施しました。

After the earthquake, tsunami and the explosion of Fukushima nuclear plants on March 11th in 2011, I organized two teams to support teachers and counselors who can work for children's mental health care. One team created and maintained a website system for teachers and school counselors who were taking care of the affected children by the triple disasters. The system was consisted of (1) e-mail consulting for teachers and counselors, (2) articles about metal health care, well-being, theories on resiliency and resiliency building methods for children, (3) collection of 50 website links including 10,000 pages for theories and methods of mental health care. The other team was to prepare a psychological aid camp for children, called "green Camp for Well-Being", focused on the mental health care for the affected children in Fukushima. The purpose of this camp was to psychologically intervene in the affected children and to develop some prevention methods for PTSD and school maladaptation in this particular disastrous situation. It was also a good opportunity for volunteers to learn how to deal with children's mental health care. We were able to provide two camps in summer and 1160 children and over 100 volunteers in total participated in the camps in 2011. According to the collect follow-up data for 40 children in March, 2012, 6 out of 10 children who had sleeping problem after the disasters recovered from it as a result of these camps. We conducted 5 psychological aid camps in total in 2012.

Format

Journal

Language

Japanese

Author(s)

Masayuki Kobayashi

Collection

Citation

“震災後の子どもに対する心理支援 ―教師と支援者のための電子メール相談とキャンプを通して― Psychological supports for children after the Great Eastern Japan Earthquake in 2011: Through consultations for teachers and school counselors by email and psychological aid camp for children,” Francine Shapiro Library, accessed November 25, 2020, https://emdria.omeka.net/items/show/22826.

Output Formats